レーシックとは何か?

最近レーシックの手術をして視力が良くなったという声をよく聞きます。その声で分かるようにレーシックとは、視力を良くする手術です。どんな手術かというと、目の角膜を切開してふたを作り、それをめくってレーザーを照射し屈折率を調整する事で視力の回復を図る手術です。

レーシックの手術は、短時間で終わり、かなり安全性の高い手術です。手術に適している年齢は、視力が安定した20歳から60歳までだとされています。例外として18歳未満でも職業上どうしても必要なら、保護者の同意があればレーシックのの手術を受ける事が出来ます。

費用は、各病院によって開きがあり、安い金額ではありません。生命保険や医療保険に加入している人で保険会社によっては、レーシックが給付金の対象になっている保険もありますので、保険に加入している人は一度保険会社に確認してみるといいです。レーシックによって視力回復した人はメガネやコンタクトのわずらわしさから解放されて楽になっています。メガネやコンタクトを継続的使う事を考えればレーシックの費用は安いといえます。

レーシックの医院にも看護師の方はいますが、最近の傾向として目の手術をしてる転職をする方が増えているようです。

仕事の都合で目を良くして看護師求人にトライする方が増えています。もし転職活動中の方であれば下記が良いかも!

http://wh-zrwei.com/