レーシックと保険

レーシックを行う人が、近年増えています。視力を子供の頃にのように戻して、コンタクトやめがねのわずらわしさから解放されたい思いがレーシックの手術を受ける人の増加に繋がっています。

レーシックは、極めて安全性の高い手術ですから、コンタクトやめがねを継続的に使う費用を考えれば経済的だといえます。しかし、レーシックは健康保険が適用されませんから全額自費で支払わなければいけません。

以前よりは、費用は安くなってきましたが、安い費用ではありません。あまり知られていませんが、生命保険や医療保険でレーシックの手術が給付金の対象になっている場合があります。加入している保険によって給付金に差はありますが、一般的には3万円から10万円程度です。生命保険や医療保険に加入していて、レーシックを受けようと思っている人は、まずは自分の加入している保険会社に問い合わせてみてからレーシックの手術を受けるべきです。もし、給付金が出る保険に加入しているのならレーシックの費用の負担が減ります。