レーシック手術に向いている人

レーシック手術を受ける人が増加傾向にあります。しかし、誰もがレーシック手術を受けるのに向いている人であるわけではありません。レーシックに向いている人はどんな人なんでしょう。それは、まず年齢が60歳以下である事です。60歳以上は、白内障の症状が出始めているので

レーシックを受ける事が出来ません。その他には、視力が1年以上安定している人です。それは、視力が安定していないとレーシックを受ける事が出来ないからです。

また左右の視力のバランスが違い、メガネやコンタクトで矯正しきれなかったり、アレルギー体質でコンタクトが出来ない人などです。これらの人は、一般的にレーシック手術を受ける事によって視力が回復して、日常の不便さから解放されます。

しかし、レーシックに向いていると思われても、検査をしてみないと分からない事もあります。それは、角膜の厚さです。角膜が薄い人はレーシックを受ける事が出来ないからです。

まずは、検査をして自分がレーシックを受ける事が出来るかを確認する必要があります。