レーシック手術の流れ

レーシック手術は角膜にレーザーの光をあてて厚みを変える手術です。この手術で角膜の屈曲率が変わるので、視力が矯正できます。レーシック手術では、初めに点眼薬タイプの麻酔薬を使って麻酔をします。

次に、角膜をふたのように切り取ってフラップを作るためのマーキングをします。このマーキングは、最後にフラップを元の位置に戻すための目印になります。まぶたは開眼器で固定し、イントラレースレーザーという光を照射して角膜を削ってフラップを作ります。

そしてフラップを開いて、角膜にエキシマレーザーをあてて検査データを使いながら視力の矯正をします。レーザー照射の間は目の前にある光を見ていますが、照射する時間は10秒から30秒くらいで近視の程度によって変わります。

照射が終わったら水分や空気などをきれいに取り除いて消毒をしてからフラップを元通りの位置に戻し、点眼をしてレーシック手術は終わります。痛みはなく、レーシックの手術後まもなくから視力が回復しはじめ、少し安静にするだけで入院の必要もなく当日帰宅できます。