レーシックのリスク

レーシック手術では角膜にレーザーを照射して厚みを調整し、屈曲率を変えるというメカニズムで視力の矯正をします。外科手術ですが短時間で済み、入院の必要もなく何よりレーシックの後はめがねやコンタクトレンズを使わなくてもよくなるということで近視に悩む人に注目されています。

しかし、簡単な手術とはいえ医療には必ずリスクが伴います。レーシックは安全性が確立された手術ですが、合併症が起こる可能性もあります。レーシックの合併症には、手術を受けた人のほとんどが体験し、一過性で時間の経過とともに消失する症状があります。光のまわりがぼやけて見えたり、涙の分泌量が減って眼球が乾くことはよくあります。

さらに、まれではありますが、手術中に細菌に感染することによって発症する細菌性の角膜炎などの重い合併症も見られます。細菌感染などは、レーシックを行うクリニックの衛生管理によるところが大きいので、レーシックを検討するならいろいろなクリニックについて調べてみて、実績や合併症の発症率、アフターフォローの体制などについて把握しておくことも大切です。またリスクは人それぞれ違うので、事前のカウンセリングも重要です。