レーシックの種類

近視の矯正手術としてレーシックに関心を持つ人が増えています。一口にレーシックと言いますが、実はレーシックにはいろいろな種類があります。

一般的にレーシックと呼ばれているのはイントラレーシックで、角膜をフタ状に切り取ってからレーザーを照射して厚みと屈曲率を変えて切り取った角膜を戻す手術です。イントラレーシックは術後の回復も早いのですが、切り取った角膜を戻しているので、激しいスポーツを行う人などですとその部分がずれるという心配があります。

激しいスポーツをする人や、格闘技の選手などに向いているレーシックにはエピレーシック、ラセック、PRKなどがあります。

エピレーシックとラセックでは、切り取る角膜がイントラレーシックに比べて薄いのが特徴で、術後は角膜が再生するまで保護用のコンタクトレンズを用います。またPRKではフタ状の切り取りをしないで直接レーザーをあてて屈曲率を調節します。エピレーシック、ラセック、PRKともに角膜上皮の再生が見られるのがイントラレーシックとの大きな違いで、眼球の強度が手術の前に比べて落ちないのでスポーツ選手に向いています。